普天間飛行場移設問題、どう解決するのか






[PR]



2010年03月27日(Sat)
普天間飛行場移設問題、どう解決するのか
普天間飛行場移設問題については25日、政府は米軍キャンプ・シュワブ陸上部と、うるま市のホワイトビーチ沖合埋め立ての沖縄県内2案で進める方針を固めたようです。

他には基地機能の移転先として徳之島を候補に上げて、少しでも沖縄県民の理解を得ようとする気持が見えます。
当然のことながら、沖縄県民たちは大反対ですよね。
鳩山由紀夫総理は沖縄県外への移設を何度も口にしていましたから、公約を反故、沖縄を愚弄しているといわれても仕方がないでしょう。

しかしながら、アメリカを日本から追い出すのであれば話は別ですが、沖縄県以外の国内へ全てを移設するというのはもっと不可能な話でしょう。
政府が選択した案は、沖縄の人たちには申し訳ありませんが、反対に合いながらでも実現可能性の高い提案だという気がします。

ただし、それを実行すれば責任をとって、鳩山由紀夫総理あるいは内閣は辞職すべきだと思います。



沖縄 おみやげ スイーツを見てみる


カロッツェリア スピーカー


   





カレンダ
2010年3月
 
27
     

アーカイブ
2008年 (522)
7月 (63)
8月 (130)
9月 (90)
10月 (103)
11月 (72)
12月 (64)
2009年 (662)
1月 (50)
2月 (70)
3月 (95)
4月 (88)
5月 (72)
6月 (79)
7月 (50)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (34)
2010年 (442)
1月 (36)
2月 (39)
3月 (35)
4月 (35)
5月 (37)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (38)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (33)
2011年 (129)
1月 (14)
2月 (7)
3月 (7)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (10)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (14)
10月 (11)
11月 (15)
12月 (17)
2012年 (4)
1月 (4)

アクセスカウンタ
今日:136
昨日:1,606
累計:961,174